美しい肌の条件は?コンディションの良い肌の作り方

投稿日:


そもそも「美肌」とはどのような状態を指すのでしょうか?

肌が荒れていると、せっかくのメイクも効果は半減。

美しくしく健やかな肌を目指しましょう

どのような状態が「美しい」「若々しい」肌?

「あの人の肌キレイ!」と思わず声に出したくなるような美肌を目にしたことはありませんか?

ふわっとつややかですべすべの肌は、それだけで好感度がアップします。

本当に美しい肌はメイクを落とした後も、色ムラがなく均一でみずみずしい状態にあります。

そうした美肌を維持するには、水分量や皮脂分泌が過不足なく、バランスのよい状態であることが大切です。

逆にいえば、水分量や皮脂分泌のバランスが悪いと色ムラのある肌となり、せっかくメイクをしても映えず、年齢も上に見られがちです。

肌が乾燥しているとつや感が出しづらく、肌が脂っぽいと、つやというよりテカリになりがちです。

水分量や皮脂分泌のバランスは、見た目に大きく影響するのです。

あなたにとって一番よいコンディションの肌に!

皮膚には、最前線でバリアを張り、外的刺激をシャットダウンして体を守るという重要な役割があります。

乾燥肌、脂性肌、混合肌…と、さまざまな肌タイプがありますが、守るというしくみ、機能自体は基本的に変わりません。

ただ、紫外線などの刺激や生活習慣の変化、加齢によって、肌の皮脂分泌量が増減したり、真皮や表皮の厚さが薄くなるなど構成の変化は多少起こります。

とくに女性にとって、肌は大切なものです。

日々のケアで肌を外的刺激から守り、健やかで美しい肌を手に入れてください。

肌のしくみや機能を理解して、正しいケアを

肌の見た目とは、簡単にいうと一番外側の表皮の状態のこと。

「キレイな肌ね」とほめられる肌をキープするには、表皮のほかに真皮や皮下細胞などもきちんと機能していることが大切です。

表皮を植物の葉とするなら、真皮や皮下組織は茎や根に当たります。

地面から栄養や水分を吸収し、たっぷりと供給して、全体に循環させる。

このサイクルが肌のターンオーバーです。

こうしたしくみを理解すると、肌のケアは外側からだけでなく、体の内側からも必要であるとわかります。

みずみずしい新芽が次々と誕生し、きらきらと輝く葉でいっぱいになるように、そのしくみをよく理解して、キレイな肌を維持しましょう。

インナーケアに勝る美容術はなし!

インナーケアとは、体の内側から気を配ってケアをすることです。

「マッサージをすると、顔色がよくなる」とよくいわれますが、それは、栄養素を運んでくれる毛細血管の血流が改善されるからです。

体中の栄養分は血流にのって運ばれるので、いくらスキンケアを施しても、血液が静脈内などに停滞した状態、つまり、うつ滞していると、顔色は悪く、ケアの成果が見えにくくなります。

そしてもっとも注意したいのが、バランスのよい食事です。

たとえば、皮脂の分泌は、食事で大きく変わってきます。

ビタミンB群は皮脂分泌をコントロールするという美肌に欠かせない機能を持っているのですが、甘いものを食べると、それらは甘いものの代謝に消費されてしまいます。

ですから、チョコレートを食べるとニキビができるのはチョコレートが悪いわけではなく、糖質の多いものを食べることが原因なのです。

それは糖質の少ないビターチョコを食べても、ミルクチョコほどニキビはできないことがわかります。

また、たんぱく質やミネラル、ビタミンなど肌を精製するものを積極的にとるようにすると、皮脂分泌はある程度自分でコントロールできるのです。

体の内側から肌をきれいにするために、ぜひ食べ物や飲み物にも気を配ってください

-スキンケア

Copyright© 【生コラーゲン美容液の効果と厳選BEST3】~失敗しない選び方~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.